カラー スクール 色彩検定 パーソナルカラー 講座 大阪 SHINY(シャイニー)

パーソナルカラー色彩検定取得講座メイクレッスン コンサルティング 法人様・学校関係者様

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.06.12 Thursday
  • -
  • -
  • コメント>-

京都の秋

 昨日は秋空の中、京都での講習会へ参加してきました。

その後、京都市美術館で開催中の
「ワシントン・ナショナルギャラリー展」へと足を運んできました

秋の京都はさすがににぎやかで、美術館も平日なのに多くの人。

途中紅葉がきれいだったのでパチリ


ギャラリー展は、モネ、ルノワール、ゴッホなどの印象派画家を
中心とした作品がズラリ

どの作品も画家独特のタッチや色づかいを拝見でき
とても勉強&感性磨きになりました

中でも私はスーラの点描画にうっとり

出来ればもう一度鑑賞に行きたいけど27日までには
日がとれない・・・残念・・・

有意義な一日でした

これって 「こてこて」?

今、仕事で毎週難波に行っています。

歩いているとこんな案内が立ってました。
「こてこて号」の集合場所らしい。
 
なんとも難波らしい名前。

でもこの色づかいは果たしてコテコテでしょうか?
どちらかと言えばあっさりさわやか系。

どんな色にも人の心理に働きかけるメッセージがあります。
色を使うときはそのメッセージや色のイメージを上手に使わないと、
与えたいイメージが相手に100%伝わらないときがあったり、
誤解を招いたりしてしまうんです。

せっかく色をつかっても色の効果が期待できなければもったいない!!

例えばこの案内表示だったら、青じゃなくて黄色。
黄色は黄色でもからし色のような深みのある黄色で、もっと文字の書体を
太く丸くすればこてこて感がUPします。

からし色にする理由は、
,ら揚げや天ぷらのような油料理をイメージする色でこてこて感UP
大阪名物たこ焼きに近い色で大阪らしさUP
深みのある黄色にすることで背景色が白でも見えにくさを軽減して
 セパレーションカラー(文字の縁)を黒にすることで明視性UP
っ反Х呂砲垢襪海箸膿塀仞も上がり視認性もUP

・明視性とは文字の読みやすさのことです
・進出性とは前に飛び出て見える性質のことです
・視認性とは目立ちやすさのことです

そして、もう1つの方法としては
右の「エースJTB専用バス」を青字にして、
「こてこて号集合場所」を赤にしてもこてこて感は今より絶対UPして
しかも目立ちます。

あなたの身近にも 「この色、もっとこうしたらいいのに」 みたいな色づかいが
あるかもしれません。 
なぜそう思うのか。どうしてその色にしたらいいのか。
なんかを考えてみるだけで色の力がグッとつきます







おもしろ階段

 先日久しぶりに京都へ行ってきました。

鴨川を見て 「やっぱり京都はいいな〜」 としみじみ


日差しが水面にキラキラと反射していました


そして地下鉄四条の駅の階段におもしろい工夫が!


階段を下から見上げると、
「痩せたい人、階段へ!」 とか
「階段上がるのに勇気はいらない」 とか
「上りはハムストリングスが鍛えられます」 などという
メッセージと、その横には -0.1kcal  などの消費カロリー表示まで

なんてアイデアあふれる階段でしょう

運動とまではいかなくても健康維持のために毎日階段を
利用すればきっといつまでも元気ハツラツ

では今から色彩検定1級対策へ行ってきます
もちろん駅では階段を利用しますよ〜





カラースクール&オフィスSHINYの紹介

 SHINY(シャイニー) 主宰 カラー&イメージコンサルタント 岩崎 優美子

大阪府枚方市生まれ、交野市在住。
呉服卸業のファッション事業部に所属し、ファッション商品の取扱いに携わる。
在職中にカラーと出会い、色彩検定1級、カラーコーディネート検定1級を取得し、
カラーコンサルティング、イメージコンサルティング、色彩心理などを修得する。
その後、カラーコンサルタントに転職。

2005年 カラースクール&カラーオフィスSHINYを設立。
“色で未来は変えられる” というメッセージのもと、
様々な企業でイメージアップ法や色の有効活用、目的に合ったカラー提案をしながら、
大学や専門学校では色彩理論や色彩検定対策を指導するなど多岐にわたり活動している。
また、一児の母である事から、育児・子育て後の女性の再起にも力を注いでいる。

color school&office SHINYのホームページはこちらです




カテゴリー
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links